カラオケにまた行ってきました

正月2日、オマケが貰えるからと孫らが言うのでマクドナルドに出掛けた帰り、地元のカラオケ店に寄りました。
前回に記した言葉通りに、大友裕子さんの『傷心』をぜひ歌いたいと思っていたものの、彼女の曲は『来夢来人』しか収録されていないと分かりました。それで、その歌を歌ってみたものの全然ダメでした。この曲は、大友裕子さんの、あの声で、あの歌い方でなくては、歌えないと知らされました。帰宅してからCDを聴き直し、さらにその想いを強くしました。
この時、他には、森山良子さんの『さよならの夏』、THEイナズマ戦隊の『応援歌』、ザ・モップスの『朝まで待てない』を自分は歌いました。
THEイナズマ戦隊の『応援歌』は、それまで全く知らなかったものを、NHKテレビの特集ドラマ『ラジオ』を観て初めて知った曲で、こんないい歌があったんだ! と深く感動したものでした。
森山良子さんの『さよならの夏』はYouTubeで、キレイな海の画像を背景に流れる歌声に惹かれ毎日のように観て聴いていたものですが、ある時から、それが観られなくなり、やがてTHEイナズマ戦隊の『応援歌』を、仕事終わりにとか何かの区切りの際にYouTubeで観るようになりました。でも、自分が歌う曲としては、この2曲とも不合格?でした。自分がヘタでした。
ただ、唯一ザ・モップスの『朝まで待てない』は昔々よく歌い込んでいたので、すんなり歌え、娘にも「いい歌ね」と褒められました。
そんなわけで、ずーと長い間縁の切れていたカラオケに昨年・今年と行く機会があり、これからも、懐の寂しい自分には頻繁に行く機会は持てないものの、何とかまた行きたいと思う今日この頃です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック